緩いようで厳しい審査

カードローンを申請する時に色々と条件があるのと同時に、限度額も収入によって決められます。
これは昔からあるものの法改正により条件や限度額、利息も変わってきていますので、現在のカードローンの審査基準は緩いようで厳しいという印象がありますね。
 
カードローンの審査基準の条件が緩いく感じて、昔は学生や主婦はNGになっていましたが、現在は配偶者やパート・アルバイトの収入があればOKとなってしまい、年齢制限に関しては昔とは変わらぬものの、条件に関しては返済することができるアテさえあれば良いという感じになりましたね。
ただ反面、限度額に関しては厳しくなっていて、比較的収入が少ないアルバイトやパート、主婦は最低ラインの金額に設定されていますが、それでも法改正により昔よりも限度額が低くなっていますので、その点が厳しいです。
 
いろいろとカードローンの審査基準が変わってきてはいるものの、お客様の要望には素早く対応することができるように、申請する場所の選択肢を増やしたり、直接店舗に足を運ばなくてもいいように通信機器に対応することができるようにしたりと時代に合わせてはいますので、アメとムチの両方兼ね揃えてはあるのかな。

Comments are closed.