Archive for the ‘未分類’ Category

緩いようで厳しい審査

金曜日, 2月 27th, 2015

カードローンを申請する時に色々と条件があるのと同時に、限度額も収入によって決められます。
これは昔からあるものの法改正により条件や限度額、利息も変わってきていますので、現在のカードローンの審査基準は緩いようで厳しいという印象がありますね。
 
カードローンの審査基準の条件が緩いく感じて、昔は学生や主婦はNGになっていましたが、現在は配偶者やパート・アルバイトの収入があればOKとなってしまい、年齢制限に関しては昔とは変わらぬものの、条件に関しては返済することができるアテさえあれば良いという感じになりましたね。
ただ反面、限度額に関しては厳しくなっていて、比較的収入が少ないアルバイトやパート、主婦は最低ラインの金額に設定されていますが、それでも法改正により昔よりも限度額が低くなっていますので、その点が厳しいです。
 
いろいろとカードローンの審査基準が変わってきてはいるものの、お客様の要望には素早く対応することができるように、申請する場所の選択肢を増やしたり、直接店舗に足を運ばなくてもいいように通信機器に対応することができるようにしたりと時代に合わせてはいますので、アメとムチの両方兼ね揃えてはあるのかな。

知ってて得するキャッシングの審査基準とは?

日曜日, 10月 26th, 2014

お金を借りたいと思いキャッシングの審査を受けた時、審査対象になるのかもちろん年収や勤続年数・住居ン年数・家族構成などですが、これは正社員だから審査に合格するというわけではなく、アルバイトやパートなどの方でも、しっかりとした収入があれば審査に受かることができれば、キャッシングを利用することができます。

ところが、上記の審査をクリアしていても、キャッシングの審査落ちをする場合があるのです。ほんのささいなことなども含まれますので、審査を受ける前にキチンと理解しておきましょう。

・書類で記載ミスだ誤字&脱字があった
自宅の住所や電話番号などを間違っていたり、記載し忘れていた場合には審査落ちする可能性があります。ほんのささいなことに見えますが、会社側も色々な可能性を考えていますので、ミスをしないようにしましょう。

・他社ですでに借りっていて、総量規制を越えている
現在、収入の3分の1までしか借り入れができなくなっていますが、他社で総量規制一杯で借りている場合には、もう借りることはできないので、審査落ちします。

他にも携帯電話の通話料を未払いのまま3ヶ月放置していた場合には、審査落ちしたり、クレジットカードの返済を滞納している場合にも審査落ちしますので、注意しましょう。

こちらも参考になります→ お金 借りる 携帯で

見栄のために床屋よりもお金カードの支払を優先する

木曜日, 8月 21st, 2014

業者に申し込んでまとまったお金を借りようと考える方への情報です。

近年は申し込み方法といってもたくさんの方法があります。

窓口申し込みのみという状況下にあった数年前に比べると、Webサイトで直接申し込みを受け入れるキャッシング業者も増えていますし、入会方法について熟読を欠かさず決断するのが良いと言えます。

自分自身のケースで良いファクターが存在する金融サービス会社かどうかに関して検討するのが最善と言えます。

キャッシング会社から資金の貸付を受けるときは融資査定に落ちないだろうか、審査される数値を抜け目なくカバーするという意識が肝心と言えるでしょう。

審査では、ご利用者のどういった項目が見られるのか。

お金の貸出しをする会社は審査申込みをもらうと、まず弊社の登録名簿に申込みした人が以前にエントリー済みか否か、みます。

次に、信用情報機関に連絡して、申込者のデータがあるかどうか。

続いて、信用情報機関に問い合わせて、申込者の記録があるかどうなのか。

そして、申込みした方の歳や以前の使用履歴と、個人情報の要素からも調べていくのです。

審査をパスすることで、キャッシングカードが、発行され、キャッシングを利用することが可能となるのです。

お金の借入れの手続きには、申込み者の個人情報に関するものをみんな晒すつもりで望みましょう。

自分のことはもちろん家族や勤務場所や、住居の状況等も審査の事項に記入が必要です。

人によって違う%keywoad%方法の得意不得意

水曜日, 7月 9th, 2014

消費者金融に申し込んでまとまったお金を準備しようと思っているのではないですか?近頃は申し込み方には多種多様な仕方があります。

店頭だけが選択可能という状況だった以前とは異なりパソコンでの申し込み対応の消費者金融も増加中となっていますので申し込みの仕方に関して検討した後に選択するのが良いと言えます。

その人のケースで好都合な部分を持った貸金サービスであるかどうかを重点的に分析するのが正しいやり方です。

カードローン会社の申込をしてお金を工面する際は貸付審査にパスするだろうか、考慮される部分をきちっと満たしておくのが肝要なのです。

審査では、使用者のどういった箇所が見られるか。

キャッシング会社は審査を受けると、まず最初、自分の会社の登録データに申込みした人が既に登録されているかどうか、ってことを調査します。

それから、信用情報機関等に連絡して、申込者のデータがあるか否か。

審査基準を通過すると、信用情報機関等に確認して、申込者のデータがあるかどうか、次に、キャッシングサービスを受けようとしている人の年代や過去の利用履歴といった、個人的な情報の要素などからも調べていくのです。

審査をクリアすることで、キャッシュカードが発行され、キャッシングを利用することが可能となるのです。

キャッシングの申し入れには、審査依頼者の個人情報といえるものをみんな晒すつもりで望む必要があります。

自分はもとより家族や職業や勤務場所や、住居の状況など審査項目に追記が必要です。